子どもが作る町 ミニたまゆり

「ミニたまゆり」は ドイツのミニ・ミュンヘン子どものまちを参考に、川崎市麻生区にある田園調布学園大学が地域の子どもたちのために開催するイベントです。ミニたまゆりに参加した子どもたちは、自分たちの力で町を運営します。ミニたまゆりでは、200人の学生スタッフと40を超える地域の団体が、協力し子どもたちにリアルな職業体験を提供できるよう準備をしています。

人数限定のスペシャルイベント

昨年度は、人数限定のスペシャルイベントとして、親子料理教室、声優体験、食品サンプル作り、親子茶道教室などのお仕事を用意しました。また、シャープ提供のロボホン、J:COM提供のアナウンサー体験、シグマ提供のフォトスタジオ、麻生警察署提供の警察犬パフォーマンスなど、様々な団体の協力のもと、魅力あふれる子どもの町を運営しています。
 
問い合わせ先
田園調布学園大学 地域交流センター
T E L:044-966-2780 携帯電話:080-3214-8131
E-MAIL:c-center@dcu.ac.jp
ホームページ:http://minitama.jp
※担当者不在でお電話に出られない場合がございます。
 
開催場所
〒215-8542 神奈川県川崎市麻生区東百合丘3-4-1 田園調布学園大学
 
対象年齢:5歳~15歳 (小学生未満のお子様は保護者の付き添いが必要となります。)
募集定員:各日600名 
参加費用:1 日 300円
 
開催日時:2018年2月10日(月)・11日(日) 10:00-16:00
 

保護者の方へ
1.本イベントで収集した個人情報は、本イベントに関連する業務のみに利用し、その他の活動には利用いたしません。
2.本イベントでは、広報および資料作成・研究活動のために撮影をさせて頂きます。撮影した写真・映像は、本学のホームページ、パンフレット・書籍などへ の掲載、ニュース番組などのテレビ報道に活用させていただきます。写真・映像の掲載や公開について何らかの問題がある方は事前・事後にかかわらず 044-966-2780(地域交流センター)までご相談ください。
3.参加されるお子さまには、緊急時の連絡先として保護者様の携帯電話番号などを持たせて下さい。
4.大雪・災害などで本イベントが中止になる際には、当日早朝 6 時までにホームページ等でお知らせいたします。

子どもが作る町 ミニたまゆりの 運営者サイトは、こちらから

下記の日程で、こども会議を開催します。こども会議では、ミニたまゆりのルールやキャッチフレーズ、お金のデザインを決めたり、子供市長選挙を開催します。詳しくは、ホームページをご覧ください。
10月28日、11月18日、12月16日、1月20日

 

「大学発・政策提案制度」とは、神奈川県内に所在する大学から県政に関わる政策提案を募集し、公開コンペ方式の審査により選ばれた提案について、大学と県が協働で事業を実施するという制度です。この度、「神奈川子ども合衆国を実現するための制度構築」として、ミニたまゆりの活動を申請し神奈川県黒岩知事から表彰を受けました。